「ケ〆とはじめ -鶴の恩返し-」

行く末のかなた

女将は繋がりモノ語る

神戸でのびのびと育ち、京都の商家へと嫁いだ母は、
皆様との出会いで大きく育ってて頂きました。
思い出の写真と品々。
次回掲載は9/15日。四方山話お付き合いください。

 

 


 

愛用の品々は、キッチュで可愛らしいものばかり。
彼女の個性が垣間見えます。

 

最も好んだ朱塗りのぞうり

 

50年間、様々な場面で彼女を運び繋げたお履き物と50歳の頃そして20代前半

 

叔母から譲り受けた鶴の錦のぞうり 自身の結婚式に着用
背景は花嫁修行にと刺繍の手習で製作したもの

 

20代から30代の頃着物を着ることはほとんど無かった